英才教育

教えるのではなく、考える授業。
 

英才教育

聖徳が考える英才教育とは

「考える力を一生の財産にする」ために独自の英才教育を取り入れています。
聖徳の役割は、考える力を伸ばし、普通の子どもたちを英才児に育てること、
そして考える力が優れた英才児を、さらなる英才児に育てることです。
少子化時代の社会の宝である子どもたちの可能性を伸ばしていきます。

英才教育のシステム

英才教育のシステムは主に3つあります。

  1. 脳を刺激し、考える力を伸ばす知能教育
  2. 興味好奇心を引き出し、学び好き、知りたがり屋にする教育
  3. 「7つの習慣」を中心に、子どもたちの人格を育てる心の教育


英才教育との出会い

伏見 猛弥先生
聖徳学園小学校は、約50年前の1969年に「英才教育」を導入しました。このときに出合ったのが、玉川大学の教授であり、英才教育研究所所長だった伏見猛弥先生。教育学者で、昭和期の知能教育における第一人者です。

伏見先生はずっと、「『考える力』がある子どもに向けた教育」というものを考えていました。天才的と言っていいかもしれませんが、どこの学校にも理解が早くてどんな勉強もすいすいできてしまう子どもがクラスに何人かいます。そんな子どもたちのための学校をつくれないかと考えていたのです。

普通のクラスであれば、そういう飛び抜けて優秀な子どもは、先生から「わからない友だちに教えてあげてね」「読書をしてちょっと待っていてね」なんて言われることもあるでしょう。ただ、それではその子本人の学習にはなっていません。そういう子どもたち向けのカリキュラムをつくって教育できれば、どんなに素晴らしいか――。

伏見先生は「日本のアインシュタインが生まれるのではないか」と考えていたそうです。h伏見先生が持っていたノウハウ、メソッドを我が校に取り入れたというわけです。

 知能教育

知能構造図
 人間の知能は40年ぐらい前までは、遺伝的な要素が強く教育しても効果はない、と考えられていました。ところが、大脳生理学や知能心理学の研究が進むにつ れて、遺伝的な要素よりも、生後の環境(教育)によって変化することが分かってきました。
 
 アメリカの知能心理学者ギルフォード博士の知能構造理論に基づき、独自の教育システムでパズルやゲーム等の遊びを通して1週間に1因子ずつ、合計90知能因子を刺激し、思考力を育成します。

 

印刷物・ビデオの紹介

印刷物の紹介

  1. LinkIcon聖徳の教育